塗料の情報館

改正建築基準法について

ホルムアルデヒド規制

平成15年7月より、改正建築基準法が施行されました。。
これにより、室内の塗装工事に使用する材料が厳しく制限されることになり、国内の塗料の品種は倍増。
ほぼ製品ラインナップは出そろい、F☆☆☆☆マーク商品が主流となりました。
F☆☆☆☆マーク=乾燥過程でのホルムアルデヒド放散等級でもっともすぐれているもの(人体に影響の少ないもの)
これとは別にトルエン・キシレンフリーの流れ(温暖化ガス抑制)と鉛・クロムフリー化(環境・人体に影響の少ないもの)の流れがあります。

対象工事 公共・民間を問わず居室の内装工事全般
規制物質 ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン
規制材料 全ての内装材(合板・ボード・接着剤・塗料)
規制内容 塗料はホルムアルデヒドの放散速度に従い、床面積に応じて塗装面積が制限されます
このページの上へ

改正建築基準法の規制対象範囲と対象範囲外

各省庁ごとに細かく規定があるのですが、学校・公共建造物・自治体によって管轄省庁が違うので法律が散乱してますが、具体的には下記の通りです。

規制対象範囲 居室の内装仕上げにおける「面的部分」
要するに壁や天井など広い部分
対象外 柱などの軸材や廻り縁、窓台、巾木、手すりなどの造作部分、建具枠、胴縁、間柱
居室とは(規制対象) 居間・寝室・事務室・会議室・工場の作業場・店の売り場・レストランの厨房・教室・応接間など
人間が継続的に使用する部屋をいう
居室ではない(対象外) 玄関・廊下・トイレ・浴室・納屋・更衣室・事務室の給湯室
これでいくと、一時的に立ち寄るだけの部屋は規制外らしい
このページの上へ

具体的な適合商品

東京都ガイドラインや国土交通省の仕様改正(JIS規格改定)などもあり、建築関連ではとにかく水性系か弱溶剤型でF☆☆☆☆+トルエン・キシレンフリー+鉛フリーが現在の潮流です。これに満たした塗料を使っていればおとがめはなし。
また、たとえ規制対象外であっても環境対応型塗料を使用することはあたりまえの時代になりました。
難しい数値だなんだかんだ考えているよりも、役所仕事の場合はとりあえずこれを使用していればおとがめなし。ただし、下記の商品はあくまでも1例ですので、役所の仕様に従って仕様を決定してください。
下記の塗料は役所工事を念頭に置いた材料ですので、民間の場合はもっと幅広く商品が使用できます。

壁面 水性塗料全般※国内製品はどれもほぼ適合。室内壁面は水性以外は使わないほうが良い。
鉄部 アクアマックスU(水性さび止め)
水性ネクスト(室内向け水性上塗)
グリーン防錆速乾(塗シン希釈さび止め)
グリーンズボイド(塗シン希釈上塗)
木部 水性クリヤー各種
アクアグランドコート(水性下塗り)
水性ネクスト(室内向け水性上塗)
このページの上へ