塗料の情報館

レストア向け材料の在庫拡充

自動車塗料専用お見積フォーム

エスコについて 錆処理 穴埋め・割れ 溶接部分

エスコについて

2液型エポキシのエスコは錆止めとして理論的には使用できるのですが、本来の使用用途は鉄骨や一般鉄部ですので、自動車のオールペンや補修にお墨付きがでているわけではありません。
大昔の(50年代〜70年代前半くらい)分厚い鋼板ならいざしらず、最近の薄型鋼板ですと、せまい範囲の錆などに使用するのはかまわないのですが、広い面積で厚く塗装した場合、夏場などの温度・風雨・洗車の圧力などによる鋼板の伸び縮みにエスコが追従できずに割れる可能性があります。くれぐれも錆のでている一部分だけにとどめて置いてください。その場合でももし不具合がおきても本来の使用用途とは異なるためにメーカーに問い合わせても門前払いを受けます。厚い鋼板という条件でお願いします。そもそもだれが使い始めたのか不明

使用できるエスコはエポキシシンナー希釈のエスコだけです。同じような名前の「エスコNBマイルド」は自動車には使用できません。
このページの上へ

錆処理

レストアといってもどこまでやるのか、どの程度錆がひどいのかでやり方が変わってきますので、板金とか成型はとりあえずおいておいて、錆だけを処理する場合、サンダーまたは工具で錆を落とします。周辺の塗膜もはがします。#40〜#80のペーパーを使用

錆転換防錆剤で錆の奥深くまで化学反応で黒錆に転換させます。※現在この錆転換剤は価格が暴騰して、頭にきたので取り扱い中止しました

乾燥硬化させたのち、ここでエスコを使用。エポキシシンナーで希釈します。刷毛塗りもできますがペーパーで刷毛目をとるのがかなり大変なのでスプレーで薄く何回も塗装するのがいいと思います。あまり薄いと錆止めとしての効果がありません。

さびが全く出ていない場合、旧塗膜をはがしたのち鉄板に直接「ウオッシュプライマーメタラクトH5」を塗装し、これが短期の防錆になります。このあとウレタンプラサフ 〜上塗り塗装してください。
このページの上へ

穴埋め・割れ

工事中
このページの上へ

溶接部分

溶接部分はさびやすくなりますので、MIG溶接する前に耐熱の「ジンクスプレー」をスプレーしておきます。通電性あり。
パネル交換などで接着剤を使用する場合は、接着剤が燃えてしまうので10センチ以上は離してください。
ガス溶接した場合は溶接後に「ウエルドコーティング」を塗布しておくか。エスコでもいいです。
このページの上へ
このページの上へ