塗料の情報館

PG80塗装仕様書

自動車塗料専用お見積フォーム

スプレー条件は、口径1.3・吹きつけ圧力2,5〜3kg
スプレーパターン全開

希釈量やパターン調整・吐出量調整はそのつど気温や塗装物の広さによって任意調節ください。
下記のデータは一応のカタログ数値です
先に希釈してある色ベースに硬化剤を混ぜて塗装する方法は自爆行為です。メタリックのボカシ・粘度調整などに重要な支障をきたします。

メタリック・2コートパール ソリッドカラー 3コートパール(ブロック・全塗装の場合) ボカシ要領

メタリック・2コートパール

工程 要領 ポイント 吐出量バルブ
カラーベース 捨て塗り〜色決め
・ベース:硬化剤=10:1
・シンナー100〜120%
・ムラ消し さらにシンナー0〜20%
厚付けせずに薄く何回も塗装する。
隠蔽の悪い色は希釈を70〜80にする。
必要に応じて遠赤外線乾燥機であぶる
2,5〜3,0回転
クリヤーベース クオーツクリヤーZ
・ベース:硬化剤=10:1
・シンナー0〜10%
メタリックの指触乾燥後、薄く捨て塗りして十分乾燥させてから数回塗装する 3,0〜4,0回転
このページの上へ

ソリッドカラー

工程 要領 ポイント 吐出量バルブ
カラーベース 捨て塗り〜色決め
・ベース:硬化剤=10:1
・シンナー50〜70%
・仕上げ塗り さらにシンナー0〜20%
厚付けせずに薄く何回も塗装する。
必要に応じて遠赤外線乾燥機であぶる
3,0〜4,0回転
クリヤーベース クオーツクリヤーZ
・ベース:硬化剤=10:1
・シンナー0〜10%
メタリックの指触乾燥後、薄く捨て塗りして十分乾燥させてから数回塗装する 3,0〜4,0回転
このページの上へ

3コートパール(ブロック・全塗装の場合)

塗装条件:スプレーガン口径1.3。吹きつけ圧力1.5〜2kg。スプレーパターン全開
工程 要領 ポイント 吐出量バルブ
カラーベース 捨て塗り〜色決め
・ベース:硬化剤=10:1
・シンナー50〜70%
プラサフを吹いた部分は広い塗りし、エアープローしてから色決めする。
数回に分けてスケのないように塗る
1,5回転
パールベース 捨て塗り〜色決め
・ベース:硬化剤=10:1
・シンナー120〜130%
うすく2〜3回塗る。 1,5回転
クリヤーベース クオーツクリヤーZ
・ベース:硬化剤=10:1
・シンナー0〜10%
パールの指触乾燥後、薄く捨て塗りして十分乾燥させてから数回塗装する 3,0〜4,0回転
このページの上へ

ボカシ要領

工程 要領 ポイント
足付け ボカシ際の足付けはアシレックスピーチを使う ※あくまでもぼかす範囲のみ
脱脂・清掃 シリコンオフで脱脂する。 ワイプオールかショップタオル使用
ボカシレベリング剤塗布 塗装範囲・ボカシ範囲全体にボカシレベリング剤を吹く 流れない程度に。
色塗装 ボカシ剤が乾かないうちに色を塗装する。 ボカす範囲はシンナー希釈を多めに。
このページの上へ